ひがしね動物病院

【新規】SFTS(重症熱性血小板減少症候群)について

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)について

今月静岡県内で、初めてSFTS(重症熱性血小板減少症候群)に、浜松市で猫が感染し、死にました。人にも感染する可能性があります。
杉山獣医科によると、「SFTSは、2013年に日本では初めて確認された比較的新しい感染症。主たる原因はマダニの寄生」とのこと。犬の感染も確認されていますが、特に猫の症例が多く報告されているとのことです。
症状は、発熱、食欲不振、元気がない、黄疸を出すことが多く、2019年の統計では、全国で109例が報告されています。致死率は70%程度と言われています。
人もマダニからの感染が主ですが、動物からうつった例も確認されており、杉山医師「今年5月27日までの統計では人間の感染者は517名、そのうち70名が死亡しています。」
これまで主に西日本でしか確認されなかったSFTSですが、初めて静岡県内で確認されたことで今後、人への感染にも注意が必要です。
●ペットへの感染を防ぐには、猫はなるべく室内で飼う。
●マダニの予防薬を投与することが有効。
●万が一、マダニがついた場合は、素手で触らず獣医師に相談するよう呼び掛けています。
カウンター カウンター

ABOUT

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP